■ 北海道私達の化石採取!! ■
中川町安平志内川流域
北海道は化石の宝庫です。特に私たち倶楽部で採取に行くのは三笠市・夕張市・芦別市・ 小平町・羽幌町・中川町など中生代白亜紀(6500万年から1億4300万年前)の地域です。
旭川市から小平町や芦別市・三笠市などは車で片道2時間位で行けます。ですから日帰りも可能です。
羽幌町羽幌ダム上流地域
今までに採取した化石は、アンモナイト・イノセラムス・植物・サメの歯・貝の化石・ その他多数です。
恐竜の卵? これは、北海道教育大学の鑑定で一応否定されました。残念! この時、旭川市立博物館学芸員の方には大変お世話になりました。 特にこの時代、北海道はほとんどが浅い海の底でしたので、アンモナイトなど、これ ら海に関する化石が多いのですが、小平町・三笠市・夕張市などでは恐竜の骨など の化石も発見されています。 私たちが採取する化石のほとんどに植物片がありますので、白亜紀当時は大きな 島など陸地も近くにあったに違いありません。 私たち化石倶楽部メンバ−は、新種の化石やクビナガリュウなど大発見を夢に、今年 も北海道の短い夏に賭けています。
小平町達布流域
化石産出は年々減少しています。マニアの増加と化石採集場所が書籍やインタ−ネットでわりと簡単に知る事ができるようになった為です。道路も良くなり簡単に採集目的地へ行けます。苦労して目的地まで行ったと言う話はもう昔話のようですね。
その他に川の流れも変化しました。流れ方が緩やかになっています。貯水用や砂防ダムなどが林道奥地に出来ています。川の流れが緩やかになると川の水流が新たな地層を抉ることが少なくなるので化石を含んだノジュ−ルが出ません。
こんな奥地に渓流や川を堰き止めて立派なダムや道路、堰堤が必要か ?  役所の予算の消化があるのかなと思わせるものまでありますよ。私は何でも自然の中にコンクリで造るのはどうかと思いますし、昔のまま丸い石がいっぱいある河原もいいのではないか ? とつい考えてしまいます。

石の採集は違法か ?
最近ある部員さんから河原での(石)化石の採集は違法か ?との質問がありました。私も採集を本格的に始めた20代の頃このような心配を持っていました。しかし、当時の役所や弁護士などいろいろな方から意見をお聞きしたところ「数個の石の採取が違法なら魚釣りも違法です」と笑いながら違法はないとの結論をいただきました。                  また別な意味かもしれませんが10数年前、ある古生物の研究者(学者)が我々のようなアマチュア愛好者やマニアに対し「盗人」呼ばわりした事を聞きました。当時本当の話なら許せないと思いました。なぜなら福島県の川の土手で見つかった「フタバスズキ竜」鈴木君(当時中学)もネイチャ−に掲載された「花化石」の発見者故二本木さんもみんな愛好者やマニアでした。 一部の特権(学者)を持った人達だけが採集を許されるなら貴重な化石はみんな浸食や風化で日の目を見る事はないでしょう。三笠博物館の研究員であった故早川さんは当倶楽部に対し三笠での採集の場所や化石のアドバイスをいろいろしていただきました。非常に惜しい方でした。さて、石の採取について下記記載はネットHPから転載させていただきました。(アドレスも記載します。)



     一般の川(河川・川原)での石ひろいは違法?採取したらダメですか?
3月 29th, 2012 by tai-cho Leave a reply ≫ .人によっては「川の石を持ち帰るのは法律違反」と言われる方もいます。某「教えて○○」などのサイトでも、砂の一粒でもNGという人がいたり、一方で常識の範囲ならという方がいたり賛否両論。様々なご意見があるようです。自分は趣味で流木を拾ったり、石を拾ったりする事もあるので、これまでも若干後ろめたさを感じておりました。 以前からいつか本格的に調べてはっきりさせようと思っていたので、本気で調べてみました。 まずはネットのご意見をまとめると、 「小石一個でもダメ」という意見。 「常識の範囲内なら」という意見。 バカ正直に法律だけ解釈すると「小石一個でもダメ」で窃盗になるとの怖いご意見も。 ネットで調べても埒があかないと感じ、しかるべき場所に聞こうと、とりあえず私が住んでいる所轄官庁の担当部署、某河川課に電話して聞いてみました。 「かくかくしかじかでいろいろな話を聞きますが、河川の石などを採取するのは違法ですか?または何らかの許可はいりますか?」と質問。お答え頂いた担当者様の話だと、「河川は基本的に公共用物ですので自由使用の範囲で問題ないですよ。」との事。「トラックなどを乗り入れて沢山採取するは問題だが、数点採取するのなら大丈夫。」「では何キロまでならと聞かれるとそこは答えられませんが、、、まぁ常識の範囲で。」とのお話を頂きました。 つまり、堂々とハイどうぞとは言えないまでも、個人的に常識の範囲内で採取する分には問題ないとの事でしょうか。会話の中の「公共用物」という定義ががハッキリ分からなかったので、さらに調べてみると国土交通省のウェブサイト内にありました。 ?? (1)河川・海岸は「公共用物」である 公物・・・国・公共団体によって公の用に供されているもの      ・公用物 ・・・役所などのように、国等の事務に直接供するもの      ・公共用物・・・道路、公園、港湾などのように、直接に一般公衆の共同使用に供されるもの (省略) (2)公共用物の使用形態 原則 ・・・自由使用 例外 ・・・特別使用       ・許可使用       ・特許使用 ○ 自由使用(一般使用・普通使用)   何人も、他人の使用を妨げない限度において、いつでも自由に使用することができる。  (例)散策、遊泳、水遊び、魚釣り、石ひろい   自由使用は、何らの手続きなしに行うことができる反面、使用者に何らの権利が生ずるものではない。 (省略) 国土交通省 第3回河川利用研究会資料-4 より引用 ?? ここにも記述がある通り「石ひろい」は自由使用に含まれていますね。しかしどこまで「石ひろい」に入るか、と考えると微妙です。私が思うに、一人で持てる程度の石、乗用車に積める程度のモノなら問題ないのではないかと思いました。流木に関しても同様に問題ないようですね。「庭に入れるように砂やジャリを採取」となると、私の常識からすると「それはホームセンター、資材屋さんで購入」となります。皆さんはどう思われますか? 実際問題、個人で多少の石を持ち帰っただけで「窃盗」で警察にご厄介になることもないでしょうし、県や国から訴えられる、裁判になる、といった事も常識的に考えてまず無いと思います。弁護士さん出演のバラエティ番組で例題に取り上げられれば意見が分かれるのかも知れませんが、実際に裁判になるケースはまず無いのではないでしょうか。 私としての結論は、一般河川において自由使用の原則に基づき、今後とも常識の範囲で採取を楽しもうと思います。 ちなみに国立公園などの保護されている場所では無論鉱物植物共に採取はNGですよ。ご注意をば http://yaoyolog.com/?p=2836





石の収集は違法ですか
私は、川原などで片手に乗るぐらいの石を拾ってきて、台座や水盤で鑑賞するのが趣味なのですが、友人が言うには、河川法違反で捕まるのではと忠告されました。わたしは物事には常識としての限度があり、庭石やトラックで川原の石を採取すれば当然違法でしょうが、 趣味として小さな石を数個拾うぐらいで捕まるのならば、小中学生の化石・鉱物採集も違法だと思うのですが、その友人曰く、法律には採る量に関係なく砂一粒でも違法は違法と言うのです。全国に何万人もいる愛石家すべてが違法行為をしているのでしょうか。
回答 (1) 河川の管理は河川法に基づいて行われています。 (2)河川法の目的は「洪水、高潮等による災害の発生防止」が目的です。 (3)河川法第25条で定めている「土石等の採取の許可」制度は、河川法政令第15条に定めているように岩石を含む「竹木、あし、かやその他これらに類するもので河川管理者が指定するもの」となっております。 (4)要は岩石、あし、かや等を採取することで、大雨の時、流速が激しくなり洪水を起こす危険性を回避する目的で制定されています。 (5)岩石等も、政令で定めた一定の大きさのもの以上の採取が許可制なります。 (6)橋なんかの前後の巨石は橋脚保護のため、一定範囲で、採取の許可は難しいです。 (7)以上のように、一般の人が趣味で河川の石ころ、砂等を趣味で採取するのは河川法の規定するとこではなく違法でも何でもありません。 (シャベルカーですくって取るといった場合以外は、だめですが(笑)) (8)道路脇に生えた雑草をちぎるのと同じことです。 http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2449654.html

 

 

   







 

私達の
化石採集
2000年2001年

Sorry.This site is Japanese only.

FOSSIL
2002年



date up Since 2000/7/8

2003年

Last up date  2011/8/13


Get FOSSIL GoGo FOSSIL

2004年

 


 

2005年

 


 

2006年

 


 

2007年

 


 

2008年

 


 

2009年

 


 

2011年

 


 

2012年

 


 

2013年


 


Copyright(c)Asahikawa kaseki Club&PAO All rights reserved.
当サイトの人物画像等の無断転載はご遠慮下さい。よろしくどうぞ !

■ 平成25年度旭川化石倶楽部実施 ■

 

 

平成25年5月
幹事会行いました !
   
平成25年6月8日霧立峠幌立川採集行きました !
   
平成25年9月23日羽幌二股ダム上流採集行きました !
   
     
            
   
      
              
   

   

   





■ 平成27年度旭川化石倶楽部行事予定 ■

       


      

      
日付
行事内容
場所
5月3日
実施 !
幹事会3名参加
旭川市内喫茶店「沙羅茶館(サラサカン)
6月27日土曜日
実施予定 !
化石採取巡検(日帰り)(初級組参加可能)
小平町達布・霧立峠幌立川
7月18日・19日
予定 !
化石採取巡検(1泊)
中川町・羽幌町
7月25日土曜日
予定 !
ビアガ−デン懇親会(日帰り)(部員外も参加可能)
旭川3.6
9月19日土曜日
予定 !
化石採取巡検(日帰り)(当初予定変更)
羽幌二股ダム上流
10月10日
予定 !
化石採取巡検(日帰り)(熊情報が多い為)
霧立峠又は羽幌
12月
 予定 !
定例会・懇親会
旭川3.6
平成28年  
 
3月
 予定 !
開拓記念館・北大博物館見学(日帰り)
江別市・札幌市
■行事はあくまでも予定です。天候、参加者人数、その他の理由により変更もしくは中止の場合があります。部員のみなさんよろしくね!

Copyright(c)Asahikawa kaseki Club&PAO All rights reserved.
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO